キーワードは「役で考える」とのこと!

本日の稽古場日誌は沢実那子さんです!

今日の日誌は沢実那子さん。
なんだか素敵な発見があったようです。

では稽古場レポートをお楽しみ下さい!

気づけばブイラボミュージカルと出会って4年の月日が流れようとしています。

声優として成長するため、そして大好きな歌とダンスをもっと表現の糧とするためにワークショップに通い始めました。
役者としてまだまだな私を、大きな自然の中にいるような感覚で成長させてくれています。

そんなブイラボミュージカルの記念すべき第10回公演『どこも英雄と祖父とダンス』!!
今までと違う感覚で臨めています。
キーワードは『役で考える』
第7期ワークショップでビビっと来た言葉です!

本番まであと3週間と少しとなった今日は、今作品多くのステージング・振付を担当してくださっている愛子さんが来てくださり、ストーリ終盤のとても大切なシーンのお稽古をしました。

気持ちもひとしお!

今回は2チームあり、多くの役はダブルキャストとなっています。
ひとチームが仮の舞台上で稽古をしている間、もうひとチームは脇で同じ動きをイメージしたり、相談したりします。

役の気持ち、色んなポジション、色んな角度から見て、ああでもないこうでもないと、試行錯誤を重ねてシーンの骨組みができ上がりました。これからもっともっとブラッシュアップしていきますよ〜!!

そしてそして、今日はとても素敵ことが起きたんですよ!
ストーリーが繋がって繋がって繋がって行った先の終盤のお稽古だったので、役と役の気持ちがしっかりと交わった瞬間を感じた!!ブワァと血が通った感じがしたわ〜!と相手の役者さんから嬉しいお言葉をいただきました。

役として接して、それが伝わって、そしてその感動を共有してくださって…私にとってはとっても嬉しいことでした!
この感覚を本番まで繋いでいって、お客様にも楽しんでいただけるよう、残りのお稽古も頑張っていきますよ~!
みなさん、ぜひ楽しみにしていてください!

稽古場の空気が手に取るように分かる日誌!
そして何より、実那子さんの感動が伝わる熱のこもったテキストでした。

さあ、今日も力を合わせて一歩ずつ!

公演情報はこちら