canvas campus (カンバス・キャンパス)終演しました!

終幕の挨拶

ブイラボミュージカル主宰の滝井サトルです。

「canvas campus (カンバス・キャンパス)」、配信期間含め、無事終幕することが出来ました。
キャスト、スタッフ、クリエイターの皆様に感謝でいっぱいです。
本当にありがとうございました。

劇場にお越し下さったお客様、配信をご覧下さったお客様、という最後のピースがハマって初めて作品として昇華した、といつもながらに感謝している次第です。

終演の挨拶に代えて、僕が劇中で好きだったセリフ(自作なので結果、自己陶酔となりお恥ずかしい限りですが…汗)を紹介します。

「生まれた場所で人生のほとんどが決まるって本当なんだと思う」

昨今の世界情勢を鑑み、明治生まれの祖父母と大正生まれの祖母そして戦中生まれの父母から聞いた戦争体験の断片に思いを馳せ、平和なこの国(地震は多いですが)、飽食なこの時代(地震は多いですが)に生み落とされたことに、感謝した期間でもありました。

そしてやはり、人生の9割は、生まれた時代や場所、環境や境遇で、決まるんだと思います。

しかし、それを受容し、諦観することが出来た時に初めて、人間は成長という名の扉を開けることができるのではないか。運命への抵抗と反動こそが、闇の中に差す小さな光になるのではないか。(21世紀の日本を生きられる人間の傲慢さであることも承知した上で)
そう小さく信じて、これからも一歩一歩進んでいこうと思います。

祖父母も父母も当人も子も孫も、いつの時代も変わらず、人間は皆、自分の運命を受け入れ、諦め、抗って、戦って、愛する人たちと共に生きていくんだろうな。時代は変われど、誰かが誰かを思う心に変わりはないんだろうな。
今日の雨に濡れる桜を見て、改めてそう感じました。

僕の好きなシーンの写真を載せつつ、終幕の挨拶とさせて頂きます。

無事に終幕できることが奇跡であることが当たり前にならない演劇界でありますよう。
本当にありがとうございました。

2022/04/04 ブイラボミュージカル 滝井サトル

時代は変われど
人々の営みは
決して変わることなく